おでこのニキビについて

顔の中でもTゾーンと呼ばれる部分は、特に皮脂分泌量が盛んなためニキビができやすいとされています。 毛穴も詰まりやすい場所でもあります。
また、大人ニキビができると、ついやってしまうのが髪でにきびを隠す事です。


そのため、にきびが悪化するケースが多いのも特徴です。
その汚れた前髪がおでこに触れると、その刺激や細菌の繁殖などによってニキビができやすくなってしまいます。 前髪を上げてみるか、ヘアケア剤を変えてみましょう。

ヘアスタイルも、前髪がおでこにあたらないようなスタイルにするのがおすすめです。 また、日焼け止めなどでもニキビはできます。 出来るだけ肌に油分が残らないものを選んだり、さらっとした使用感のものを選びましょう。


おでこにできるニキビは思春期にきびの可能性がほとんどで、大人になってからできるにきびは口周りやあご、首筋やこめかになどにできやすくなります。
思春期にきびは顔全体にできることが多いですが、一番目立ってにきびが出来るのはおでこ部分になります。


おでこのニキビケアで大切なことは、シャンプーやリンスのすすぎ残しです。 前髪の生え際が脂っぽいのは、シャンプーがしっかり洗い流されていない場合もあります。 シャンプーを済ませてから洗顔をするなど、洗う順番を考えておきましょう。

また、洗顔するときには、髪の毛がおでこにかからないようにターバンやヘアバンドをして、しっかりおでこを上げてください。前髪は塵ほこりが付着しやすく、汗が原因でにきびができやすくなります。


洗顔フォームや石鹸を泡立てる時は、泡立ちねっとなどを使って、しっかり泡立ててやさしくマッサージするようにしましょう。
てのひらではなく、泡で洗うようにし、決してこすってはいけません。 洗顔回数は、肌に必要とする皮脂を余分に取りすぎることがあるため、2回までとし、後は水洗いをするようにします。


おでこは、鏡でチェックしやすいところ。
気付いたら早めにケアをすることが大切です。洗顔時やメイク時に白にきびや黒にきびが見つかったら、大人にきびの化粧品や、にきびケア用の洗顔・ローションでやさしくケアをしましょう。

メニュー

ページの先頭へ