大人ニキビ(アダルトニキビ)について

大人ニキビは、20歳を過ぎてからできるニキビのことです。
吹き出物やアダルトニキビともいい、額、こめかみ、口周り、フェイスラインに出来きるのが特徴です。


10代までの人にできる思春期ニキビとは違い、治りにくい、乾燥肌でもにきびができてしまいます。 原因はさまざまですが、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活環境の変化や加齢に伴う新陳代謝の低下により、毛穴に古い角質や皮脂がつまってできます。

ですから、大人ニキビは思春期にきびとは違って、肌を清潔に保ったり、毛穴対策をしているだけで治るものではありません。ニキビのスキンケアなどを含めた、総合的なニキビ対策が必要になります。


ホルモンバランスの乱れる原因は、生理の時だけに限った事ではなく、睡眠不足やストレスでも起こりやすくなります。
ストレスがかかるとニキビの原因となるアンドロゲンが多く分泌されるようになり、皮脂量が多くなります。


とくにストレスが慢性化すると、自分ではほとんど感じにくいため、放っておいている人も多いと思います。 しかし、脳ではストレスに対抗するためのホルモンである副腎皮質ホルモンが副腎から多く分泌しています。 副腎皮質ホルモンは、男性ホルモンと同じ作用を持ちます。
皮脂量が最大限となり、自律神経も乱れ、便秘にもなりやすくなりにきびが悪化していくので注意しましょう。


大人ニキビのケアで大切なことは、なるべくストレスを溜め込まないようにする事が大切です。
そのほかにも、古くなった角質やお肌のお手入れをして、保湿をするように心がけたり、睡眠や食生活にも目を向けましょう。
もちろん、ニキビケアの化粧水を使ったお手入れも大事です。


睡眠は最低6時間はとるようにし、なるべく同じ時間に就寝・起床するとよいでしょう。 とくに成長ホルモンが活発化する22時~2時の間に就寝するのがおすすめです。
食生活面では、栄養のバランスに気をつけ、動物性脂肪はなるべく少なめにし、和食中心の食生活を心掛けてください。
また、食物繊維やミネラルを補うと効果的です。

メニュー

ページの先頭へ