ニキビを防ぐ洗顔後のスキンケア

「ニキビ予防には洗顔が重要」といわれますが、実は洗顔後のスキンケアも 欠かすことはできません。

顔を洗うだけで満足せず、正しい洗顔後のスキンケアでニキビを予防しましょう。 せっかく小顔エステに行って小顔になっても、顔がニキビだらけだと台無しですからね。

ニキビができるのは過剰な皮脂分泌により、余った皮脂が古い角質と混ざって 毛穴に詰まり、そこに皮膚の常在菌であるアクネ菌という雑菌が繁殖するためです。 そこでアクネ菌のエサとなる皮脂を洗顔で洗い流し、ニキビのもとを なくしてしまうというのが「洗顔でニキビを防ぐ」という考え方です。

ところが、残念なことに洗顔だけではニキビを防ぐことはできません。 ニキビのもとは「皮脂+古い角質+雑菌」なのですが、単に洗顔した だけでは皮膚についた皮脂や汚れを落とすことができるだけで、 新たに分泌される皮脂や角質をケアすることができません。

また、ニキビのもととなる雑菌は皮膚の常在菌(常に存在している雑菌) のため、完全に落としてしまうということはできないのです。 そこでポイントとなるのは、皮膚の雑菌のエサとなる皮脂や角質が 毛穴に入りにくい状態を保つスキンケアということになります。

洗顔後の皮膚は、余分な皮脂や汚れが落とされた状態になっています。 同時に、洗顔料で洗われた皮膚は脂分を失って乾燥しやすい 状態にもなっているのです。

皮膚が乾燥すると、人間の体は乾燥を防ごうとして皮脂を分泌します。 これは、本来は水分によって乾燥を防ぐべきところですが、皮膚は 皮脂を出すによって乾燥を防ごうとする働きがあるためです。 つまり、洗顔後に皮膚に水分を補ってあげないと、また余分な皮脂が 分泌されてニキビが発生しやすい状態に陥ってしまうというわけです。

洗顔をしたあとの乾いた皮膚に、ローションや化粧水で水分を 与えると肌はうるおってキメも整ってきます。

肌のキメが乱れると毛穴が開きやすくなり、開いた毛穴には 余分な皮脂や汚れが入りやすくなってニキビの原因となります。

そこで、洗顔後に水分補給をすることによって過剰な皮脂の分泌が 抑えられ、キメが整うことによっても毛穴トラブルによる ニキビ発生を予防することができるというわけです。

メニュー

ページの先頭へ