ニキビで口コミ評価が高い化粧水・美容液は?

ニキビ化粧水って種類がありすぎて迷ってしまいますよね。ホントは全部試してみるのが一番なんでしょうけど、そんな時間もお金もないし・・・。

そんな時、頼りになるのが他の人の口コミです。
そこでこのサイトでは、口コミ評価の高いニキビ化粧水をランキング形式で紹介し、その口コミも紹介します。

皆さんのニキビ化粧水選びの参考にしてもらえたら と思います。
ニキビ化粧水、オススメはどれなの?

ビーグレン、ランキング1位の実力とは?

なぜ、ビーグレンが1位なのだろう?

ランキング表の通り、口コミ評価の1位はビーグレン(b.glen)でした。 でも、ビーグレンって本当にスゴイのでしょうか? 他社の化粧水と何が違うのでしょうか?

そこで今回、ビーグレンが人気を集めた原因・理由に迫りたいと思います。

もちろん、ニキビ対策の化粧水・美容液というのは、相性・効果の点で個人差があります。 人によっては、草花木果やオルビスの方がいい、という人もいると思います。

しかし、より多くの人間に支持されるからには、それなりの理由があるはずです。 このサイトでは、そうした人気の秘密を、利用者目線で追求したいと思います。

(魅力1)独自の浸透技術を使って、抜群の浸透効果

浸透しない化粧水では効果半減

スキンケア化粧品の浸透力って、何よりも大切ですよね。 なぜって、 どんなに有益な成分を含む化粧水でも、肌に浸透しなければ意味がないからです。

ですので、今まで使ってきたニキビ化粧品で、効果を実感できなかったとしたら、 その成分に問題がある訳ではなく、 単純に浸透してなかっただけかもしれません。

その点、ビーグレンは独自の浸透技術を化粧品に採用しているため、 浸透効果の度合いが他社を圧倒しています。 この浸透技術でビーグレンは世界特許まで取っているほどです。

最近ではナノテクノロジーなどの浸透技術を使い始める化粧品会社も
出てきましたが、まだ少ないのが現状です。

「浸透効果があります」と宣伝している会社は多いですが、そうした宣伝文句よりも、 どんな浸透技術を使っているかに注目すべきです。

(魅力2)販売後のサポート体制

昔に較べれば化粧水・美容液の品質は向上しましたが、 商品販売後のサポート体制がしっかりしてない会社が 驚くほど多いのが現状です。

例えば、使っている化粧水で疑問がわいたり、 気になることが出てきたり、色々不安がよぎることが あると思います。

さすがに、どの会社でもサポートセンターくらいは 設置してますので、フリーダイヤルに電話すれば きちんと対応くれます(中には、その対応すら悪い会社がありますが、それは論外ということで)。

しかし、電話するほどでないにしても、なんとなく気になることってあるものですよね。

そんな時、ウェブ上にきちんと情報が書いてあればいいのですが、「天然成分を使ってます!」 ということばかり強調して、こっちの知りたいことが大して書いてない会社のHPが (たとえ大手でも)割とあるのです。

そんなとき、会社公式の販売ページとは別の情報サイトが欲しいものです。

例えば、ビーグレンでは公式ブログを設置していて、お肌の悩みに関する情報発信をしたり、 スタッフが質問に答える窓口を用意しています。

また、ツイッター(Twitter)にも質問に答える窓口を配置しています。
札幌の美容外科・整形・皮膚科なら聖心美容クリニック

ニキビ予防に欠かせない紫外線対策

美肌を作るために欠かせないと言われているのが紫外線対策です。 これは、ニキビ予防にもつながります。

なぜニキビに紫外線が関係しているのかというと、紫外線を受けた肌は角質が厚くなってしまうからです。 肌が硬くなると毛穴がふさがりやすい状態になってしまい、ニキビのできる確率が高くなってしまいます。

また、乾燥して硬くなった肌というのはバリア機能が低下しているため、ニキビができてしまうと簡単に悪化してしまうのです。

ニキビ肌に日焼け止めを塗ると肌に良くないイメージがあるかもしれませんが、ニキビを悪化させないためにもしっかりとした紫外線対策を取り入れていきましょう。

日焼けどめを選ぶ際のポイントは、紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶということです。

紫外線吸収剤が入っているタイプの日焼けどめはニキビに与える刺激が大きいため、避けておいた方が良いでしょう。 それから、油分が含まれるタイプの日焼け止めもあるのですが、油分が酸化するとニキビの原因につながってしまうこともあるため、オイルフリーのものを選ぶと良いですね。

ニキビ体質の方は、できるだけ肌に優しい日焼けどめを選んでいくことがポイントです。 無香料、無着色のものを選び、肌への負担を減らしましょう。

日焼け止めといっても、どれでもいいというわけではありません。 例えば、日焼けどめに書かれているPAやSPFの意味は正しくご存知でしょうか。

PAとは、肌の奥まで到達するA波と呼ばれるUVAを防ぐ力を表しています。 PA+というように表現され、+の数が増えるほど効果が高いです。

SPFはB波と呼ばれるUVBを防ぐ働きを持っています。 こちらも数値が大きい方が効果があるのですが、強ければ強いものほど良いというわけではありません。

成分が強いものは肌へ与える負担も大きいので、ちょっとした外出でアウトドア向けの強い日焼け止めを使うようなことはやめておいた方が良いですね。

できることならば出かけるシーンに合わせるため、何種類かの日焼け止めを用意しておくのがおすすめです。

メニュー

ページの先頭へ